介護保険の事業者向けの業務処理システム『ゆう!ケア』

「ゆうケア」ってなに?

『ゆうケア』シリーズは介護保険の事業者向けの業務処理システムです。給付管理業務や報酬請求業務など、それぞれの事業形態に合わせてご使用いただくことができます。

居宅介護支援事業者
介護予防支援事業者 (地域包括支援センター)

  • 居宅介護支援業務を行います
  • 介護予防支援業務を行います
  • アセスメント票作成
  • 居宅サービス計画書作成
  • 給付管理業務(サービス利用票・別表、サービス提供票・別表)
  • 国保連への居宅介護支援(介護予防支援)介護給付費請求

居宅サービス事業者 (地域密着型サービス事業者)

  • 居宅サービス事業者(地域密着型サービス事業者)の国保連請求業務を行います
  • 国保連への介護給付費請求
  • 利用者への自己負担分の請求

居宅サービス

□訪問介護 <介護予防>
□訪問入浴介護 <介護予防>
□訪問看護 <介護予防>
□訪問リハビリテーション <介護予防>
□通所介護 <介護予防>
□通所リハビリテーション <介護予防>
□福祉用具貸与 <介護予防>
□短期入所生活介護 <介護予防>
□短期入所療養介護(老健) <介護予防>
□短期入所療養介護(病院・療養型) <介護予防>
□居宅療養管理指導 <介護予防>
□特定施設入居者生活介護 <介護予防>

地域密着型サービス

□定期巡回・随時対応型訪問介護看護  
□夜間対応型訪問介護  
□認知症対応型通所介護 <介護予防>
□小規模多機能型居宅介護 <介護予防>
□認知症対応型共同生活介護 <介護予防>
□地域密着型特定施設入居者生活介護  
□地域密着型介護老人福祉施設(特養)  
□複合型サービス  

介護保険施設 (特養・老健・療養型)

  • 介護保険施設の国保連請求業務を行います
  • 国保連への介護給付費請求
  • 利用者への自己負担分の請求

介護保険施設サービス

□介護老人福祉施設(特養)

□介護老人保健施設(老健)

□介護療養型医療施設(病院・療養型)

ページのトップへ

「ゆう!ケア」の特徴は?

『ゆうケア』シリーズは給付管理業務や報酬請求業務に特化していますので、軽量で使い勝手のいいソフトウェアとの評判をいただいています。

アセスメントは各方式から選択できます

□ケアマネジメント実践記録様式(日本社会福祉士会方式)

□MDS-HC/CAPS

□居宅サービス計画ガイドライン(全社協方式)

□包括的自立支援プログラム(三団体方式)

□介護予防ケアマネジメント

給付管理がきわめて簡単

マウスでサービス時間帯を指定(ドラッグ)するだけでサービススケジュールを作成することができます。サービスコード・単位数・単位単価・割引等も自動で処理されます。もちろん、特別地域加算も自動計算です。作成したスケジュールは、移動・複写・修正・削除することができますので、その月特有のスケジュール調整なども簡単に行えます。

サービス利用票・別表は最新のスケジュールのものをいつでも印刷(プレビュー)することができます。支給限度額管理も、毎月の限度額に対する利用割合をグラフ表示できるなど、ケアマネジャーにとってはありがたい機能です。

介護予防支援の受託が容易

地域包括支援センターから受託する介護予防支援では、受託のためだけに特別な製品は必要ありません。受託の給付管理は、居宅介護支援をする製品で行うことができます。

※地域包括支援センターによっては、オプションが必要になる場合があります。

アセスメント票作成のみのご利用が可能

アセスメント処理部分と、給付管理業務や報酬請求部分が分かれていますので、例えば、給付管理業務や報酬請求では既に他のソフトをお使いの事業所で、アセスメント部分だけを『ゆうケア』で行いたい、といったご要望にもお応えできます。

国保連へは伝送で…

国保連への給付管理票・介護給付費請求書は「伝送」「媒体」「紙」のどれでも可能です。作成した伝送CSVや媒体から紙をプリントすることもできますので、伝送間違いなどのおそれもなくなります。

※伝送する場合は『国保中央会介護伝送ソフト』が必要になります。

多様なシステム形態

スタンドアロン型、ピアツーピア型、クライアントサーバ型の3つのシステム形態をご用意していますので、事業所の規模に応じて柔軟にシステムを構築することができます。

ページのトップへ