介護保険の事業者向けの業務処理システム『ゆう!ケア』

動作環境について

バージョン履歴

『ゆうケア』は、1999年10月に、初版となるVer.0を発売して以来、バージョンアップを重ね、現在ではVer14.0.0をご使用いただいています。これまで、通常の機能改善はもとより、2006年4月の大改正、2009年4月の報酬改定など、介護保険の制度改正にタイムリーに対応して参りました。

最近のバージョンアップの状況

2018年3月 Ver14.0.0 2018年4月の改定に対応
     
2017年8月 Ver13.0.0 給付・通所の総合事業に対応
     
2016年3月 Ver12.0.0 2016年4月の改定に対応
     
2015年3月 Ver11.0.0 2015年4月の改定に対応
     
2014年3月 Ver10.0.0 2014年4月の改定に対応
     
2012年3月 Ver9.0.0 2012年4月の改定に対応1
     
2009年3月 Ver8.0.0 報酬改定への対応1
     
2006年3月 Ver7.0.0 介護保険大改正への対応1
     
2003年3月 Ver6.0.0 報酬改定への対応
     
2000年4月 <介護保険 始まる>
1999年10月 Ver0.0.0 はじめて発売

足かけ17年、改善を重ねていますので、使い勝手の良さでは常に上位にランクされています。

また、トラブルのほとんどのことが電話対応で解決しますので、遠方のお客様にも安心してご使用いただいています。

システム形態

スタンドアロン型(SA) 1台のパソコンで使用します
ピアツーピア型(PP) 複数台のパソコンをLANで接続して使用します
クライアントサーバ型(CS)  サーバとクライアントをLANで接続して使用します
  パソコン台数 接続形態 データベース その他
スタンドアロン型(SA) 不要  
ピアツーピア型(PP) 2~5 LAN接続 不要  
クライアントサーバ型(CS) 数台~ LAN接続 Oracle サーバが必要

国保連へ提出する給付管理票や介護給付費請求書は、1事業所番号につき1データとする必要がありますので、同一事業所番号で複数のパソコンを使用する場合は、ピアツーピア型か、クライアントサーバ型にする必要があります。

スタンドアロン型 クライアントサーバ型
ピアツーピア型

動作環境

スタンドアロン型、ピアツーピア型

OS Windows2000 Professional
WindowsXP Home/Professional
Windows Vista
Windows 7
Windows 8
Windows 10
CPU Core i3 以上推奨
メモリ 2GB 以上推奨
空ディスク領域 2GB 以上
データベース 不要
CD-ROMドライブ 必須
画面解像度 1024×768 ピクセル以上
プリンタ 必須(A4以上)
フォントサイズ “小さいフォント”で設定

クライアントサーバ型

  サーバーOS
最小メモリ
クライアントOS
Oracle10.2.0 Windows2000Server(SP1以降)
WindowsServer2003(32-bit)
WindowsServer2003R2(32-bit)
WindowsServer2008(32-bit) ※2
WindowsServer2008R2 ※3
512MB
Windows2000(SP1以降)
WindowsXP Professionall(32-bit)
WindowsVista Business(32-bit) ※1
Windows7 Professional ※3
Oracle11.1.0 Windows2000Server(SP1以降)
WindowsServer2003(32-bit)
WindowsServer2003R2(32-bit)
WindowsServer2008(32-bit) ※4
2GB
Windows2000(SP1以降)
WindowsXP Professionall(32-bit)
WindowsVista Business(32-bit)
Oracle11.2.0 WindowsServer2003(32-bit)
WindowsServer2003R2(32-bit)
WindowsServer2008(32-bit)
WindowsServer2008R2
WindowsServer2012R2 ※5
2GB
WindowsXP Professionall(32-bit)
WindowsVista Business(32-bit)
Windows7 Professiona
Windows8(8.1) Pro ※5
Oracle12.2.0 WindowsServer2012(x64)
WindowsServer2012R2(x64)
WindowsServer2016(x64)
4GB(注)
Windows7 Professional(x64)
Windows8(8.1) Pro(x64)
Windows10 Pro(x64)
注)複数DBの場合、DBごとに2G必要
※1 対応パッチが必要(PSR 10.2.0.3以降)
※2 対応インストーラが必要(10.2.0.4以降)
※3 対応インストーラが必要(10.2.0.5)
※4 対応インストーラが必要(11.1.0.7)
※5 対応インストーラが必要(11.2.0.4)

 

クライアント CPU Core i3 以上推奨
空ディスク領域 2GB 以上推奨
サーバ CPU 1GHz 以上
空ディスク領域 10GB 以上(Oracleのバージョンにより異なります)
CD-ROMドライブ 必須
外付けHDD 推奨(バックアップ用)
画面解像度 1024×768 ピクセル以上
プリンタ 必須(A4以上)
フォントサイズ “小さいフォント”で設定

Windows10での動作確認状況

バージョン 動作確認
SA・PP
April 2018 Update(1803)
Fall Creators Update(1709)
Creators Update(1703)
Anniversary Update(1607)

※CSについては、Oracleの対応に依存します。

 

障害者自立支援法の対応についてはこちらをご参照ください。

ページのトップへ